合否の基準はカード会社によって多少異なります

合否の基準はカード会社によって多少異なります

クレジットカードは、現金を持ち歩かずとも買い物をすることのできる、非常に便利なカードです。商品を持ってレジに行ってカードを渡せば、読み取り機で自動的に会計がおこなわれるのです。

 

財布から現金を数えながら出す必要がないので、清算がスムーズに進みますし、つり銭などを間違われてしまう心配もありません。購入した品物の代金は、あらかじめ登録してある銀行口座からの引き落としという形で支払われます。

 

引き落としは買い物のつどおこなわれるのではなく、月に一度、1ヵ月分の使用金額をまとめておこなわれます。

 

カードでどのくらい買い物をしたのか、銀行口座からどのくらい引き落とされたのかは、後日自宅に届くカード利用明細書を見れば確認することができます。

 

またクレジットカードには利用限度額というものがあります。カード会社や契約内容によって金額は異なるのですが、だいたい数十万円から数百万円ほどであることが多いです。

 

そしてその範囲内であればいくらでも自由にお金を使うことができます。たとえば登録してある銀行口座に5万円しか残高がなかったとしても、10万円の商品を購入することができるのです。

 

もちろん月に一度の清算日までに、使用した金額を口座内に入金しておく必要がありますが、急にお金が必要になった場合などには非常に便利です。

 

ただし限度額の上限までお金を使って、そのまま返済しないという人も中にはいるため、クレジットカードの契約をする時には審査を受けることが必要になります。使った分のお金をしっかり返済することのできる人間かどうかを審査して、それに通った人でなければ契約させてもらえないのです。

 

審査は主に、安定した仕事や収入の有無、過去に返済を大きく滞らせたことがあるかどうかなどについておこなわれます。

 

合否の基準はカード会社によって多少異なりますが、基本的には定職と定収入とがあり、金融機関のブラックリストに名前が登録されているような状態でなければ、問題なく契約することができます。

 

【おすすめページ】⇒脱毛 ミュゼ